越後遠征[6]東赤谷連続洞門、うららの森他

スポンサーリンク

寄り道してみる

天候悪化と体力消耗のため奥村杉キャンプ場で二泊して休息をとりました。
でも長居しすぎると動けなくなりそうなので頑張って会津へ移動する事にしました。

くろみん
くろみん

調子が悪かったら予定を変更してでも休んだ方がいいですよ。

途中で東赤谷連続洞門と加治川治水ダムに寄ってみましたが、工事のため通行止め。
近くの内の倉湖も工事中で入れませんでした。

残念でしたが、それでも阿賀野川沿いの景色は綺麗なので走ってて楽しかったです。

五頭山麓ごずさんろく うららの森

キャンプ場のある山を降りてすぐの所にある休憩施設。食事処や土産物などの売店があります。

まだ朝早かったので人が少なく店内はガラガラです。新コロ対策のため窓を全開にしてました。

阿賀野は蕎麦が名物との事なので山菜そばを注文。でも観光地とは思えない激安価格。駅ソバかと。

しばらくまともなものを食べてなかった事もあり、味は格別。写真では味を伝えられないのが残念。

道の駅 阿賀の里

道の駅へ移動中に牛のオブジェがあったので立ち寄ってみました。これは酪農発祥の記念碑らしい。

道の駅。ここで蕎麦や柚餅子などを購入しました。近くに船着き場があり舟下りも楽しめるらしい。

越後街道沿いにあるせいか立ち寄るバイク乗りは多いです。キャンプ中のゴミはここで捨てました。

東赤谷連続洞門

新発田しばたの山の中に古い洞門(スノーシェッド)があるそうなので見に行きました。写真は別物です。

荷物が増えたので点検。身軽になるどころか、逆にお土産物を満載した状態で山を走る事になるとは。

いささか遠回りする事になりますが、熊出没の看板にもめげず新発田の山中に突き進んでいきます。

しかし補修工事のため11月まで通行止め。洞門の手前まで来たのに立ち往生してしまいました(汗)

その先にあるという加治川治水ダムへも行けませんでした。今回は行く先々すべてこんな調子です。

景勝清水

上杉景勝由来の名水を見つけたのでペットボトルに入れてお持ち帰り。瓶に入れて部屋で飾ってます。

少々難解な説明です。ちなみに上杉謙信は千葉に攻めてきましたが、なんと臼井民に負けてます(笑)

それにしてもなぜか今回は山ばかり目指してますね。別に山に登りたいわけじゃないんですが…。

内の倉湖

湖に向かう途中、道の脇に群生する蕨を見つけたので採りまくり。バス停の脇にまで生えてました。

動物多し。熊は出ませんでしたが、猿の群れに突っ込んで動けなくなりました。襲ってはきません。

ここは加治川治水ダムとは別のダムです。トンネルをくぐってダム湖の目の前まで行けました。

しかしここも工事中のため、これ以上は進めず。説明によるとダム周遊道路は走れるはずなんですが。

鏡のように綺麗な湖でした。湖の奥の湖畔公園まで行ければ、そこでキャンプしたかったのですが。

感想

迂回路を探しましたが、洞門もダムもこれ以上先に進めませんでした。

行く先々が通行止めで参りましたが、ツーリングではこんな事もあります。
無理な話ですが、補修工事はシーズンオフの時にお願いしたいものです。(^^;

平日という事もありますが、新コロ禍の影響で道の駅も人が少ないです。
普段なら観光バスで団体客が押しかけ食事もままならないと思います。

おかげでゆっくり楽しめたので不謹慎ながら新コロ禍でよかったかも(ぉ..