走り初め(一宮)

スポンサーリンク

自粛中ですが

今ごろ話すのもなんですが、元旦に一宮まで走ってきました。
昨年は印旛沼へ行きましたが、パッとしなかったので今度は海へ。

今年ものっけから緊急事態宣言で遠出が出来ない有り様です。
施設はすべて閉まってるので行けるのは海くらいしかありません。

相変わらずの状況ですが、自粛中でも近場であれば移動が可能です。
自宅軟禁状態だった昨年に比べれば少しはマシになってるのかな。

白里海岸

海岸沿いに一宮まで行こうとしたら、出だしからこれです。やはり今年も前途多難の予感!(^^;

波乗り道路の嵩上げ工事はとっくに終わってるはずですが、また何かイジってるようです。

「人生の折り返し地点」ですか……。正月から考えさせられる意味深な看板ですね~(汗)

傍にある廃墟のようなICは夏季限定で開いてる入口だとか。閉鎖されたICかと思いました。

一松海岸

初めて一松海岸に来ましたが、サーファーだらけで入れません。駐車場も満車状態で即Uターン。

海に出る場所を探してたら広大な空き地に迷い込みました。なにかと思いましたが、実はここは…。

許認可で揉めてると聞いてましたが、千葉にあるとは。ゲートがあるものの出入りは自由でした。

一宮海岸

津波対策かと思ったら道路を作ってました。オリンピックに備えて海沿いの道路を整備してます。

一宮は五輪のサーフィン会場。トイレもない場所で五輪やるのかと。(実際はこの先の釣ヶ崎海岸。)

浜でモンエナ飲んで休憩。久々の砂浜なので衆人環視の中で立ちゴケしないように緊張しました。

砂地でも平気で入れるのがVersys-Xの強み。車はスタックしそうな場所には入って来ません。

この時は緊急事態宣言が出てなかったせいか海岸は人だらけ。突堤の先は立入禁止なんですが。

サーファーは冬でも元気です。彼らに比べれば真冬のツーリングでの寒さなど大した事ありません。

夕焼けが綺麗です。どうせならここで初日の出を見たかった。今年もパッとしない走り初めでした。

余談

実はこの時、弟一家が家に帰省してました。
横浜に住んでますが、盆暮れになると千葉の実家に子供を連れて帰ってきます。

しかし新コロ禍で自粛中のため子供らは暇を持て余して家の中で大騒ぎ。
家には自分の居場所がないので仕方なくバイクでこっそり抜け出したのです。

こういうお父さんってよくいるそうですが、私にはその気持ちが分かります。
一人爪弾きにされるオッサンの心情なんて家族でも分からんでしょうね。

中には兄弟が集まるたびに殴り合いの喧嘩になる家もあるそうですが……。
ウチはそれがないだけまだマシなんでしょうか…?(汗)

でもこれが今後もずっと続くのかと思うと気が重くなってきます。orz