越後遠征[2]磐梯吾妻スカイライン他

スポンサーリンク

ルート

猛暑の影響でどこにも行けませんでしたが、涼しくなったので4泊5日で新潟まで行ってきました。
首都圏一都三県の住人は新コロ禍で微妙な扱いですが、何もせず終わってしまうのも残念なので。

今回のルートはこんな感じです。あえて高速道路は使わず一般道で新潟へ向かいます。

関東民なら普通は関越ルートで向かいますが、あえて磐越ルートで新潟へ向かいました。
いずれ青森まで行きたいと思ってるので、東北や北陸方面の偵察も兼ねてます。

会津を経由したので、昨年も行った磐梯吾妻スカイラインに再び寄ってみました。
前回は猪苗代湖側から浄土平へ向かったので、今回は福島市側から浄土平まで走ってみました。

せっかくなので去年の記事も載せておきます。

日光街道(国道4号)

奥に見えるのは筑波山。ここから国道294号で宇都宮方面へ北上します。白河や郡山を経由して福島へ。

さらに408号から4号に入ると急に車が少なくなり田舎道に。この道で合ってるのか心配になりました。

ひたすら国道4号を走ります。車がいないので運転は楽。田舎でも店はあるので補給には困りません。

福島市内。郡山辺りから市街地に入ると車が増えます。山の中を通る会津西街道の方が面白いかも。

磐梯吾妻スカイラインの福島側入口。予想以上に遠回りで、千葉方面からだと無駄に時間かかります。

山は曇ってました。毎回こんな感じですが、天気ばかりはその時の運なので仕方ないです。特に山は。

磐梯吾妻スカイライン

道端で防寒着を着用。夏でも寒くて引き返してしまう人もいるので防寒着を用意した方がいいです。

見晴台のあるつばくろ谷駐車場。霧で何も見えなかったけど、晴れてたらこんな絶景を拝めます。

辛抱強く待っていたら霧の中に薄っすらと不動沢橋が見えました。いつか晴れた日に来てみたいです。

この後バイクで渡りましたが、どこが橋だか分かりませんでした。橋の上で写真撮りたかったのに。

アホみたいですが、霧の中を走るのは嫌いではありません。この雰囲気は山でしか味わえないので。

途中800mほど毒ガスゾーンがありました。絶景ポイントですが、停車出来ないので写真は撮れません。

吾妻小富士。去年はここで日が暮れて引き返したので、今走った福島市側の道路は走れませんでした。

ここへ来る時はいつも夕方に…。レストハウスは閉まってましたが、トイレはちゃんと開いてました。

相変わらず噴気が。浄土平にはキャンプ場があるので一泊してみたいけど、熊が出るそうです(汗)

ここは国見台付近。濃いぃ雲が津波のようにこちらに迫ってくるのが見えて不気味で怖かったです。

別の方角には綺麗な夕焼け。ここから見える夕焼けは本当に綺麗。この時間でなければ見られません。

秋山浜キャンプ場

宿泊予定のキャンプ場へ来たら閉鎖中! 猪苗代湖周辺の無料キャンプ場は全て閉鎖されてました。

仕方ないのでキャンプ場の隅でゲリラキャンプ決行! 鋸山での野良キャンの経験が活きました(笑)

今回心配だったのは新コロの影響。こんな注意書きがあったので事前によく確認した方がいいです。

感想

最初は遠く感じた会津・福島も、二度目ともなると慣れて気軽に行けるようになりました。
あいにく天気には恵まれませんでしたが、それでもここは何度走っても楽しいです。

それはともかく、夜、キャンプ場に着いて閉鎖中の看板を見た時は絶望しましたよ。
GoToで騒いでるので、てっきりキャンプ場も再開されたものと思ってました。

現地に行ってみないと分からない事も多いので御用心下さい。

くろみん
くろみん

なんとか上手く乗り切れましたが、どうしようか焦りましたよ(汗)

error: Content is protected !!