会津遠征[3]秋山浜キャンプ場

スポンサーリンク

場所

今回は猪苗代湖の無料キャンプ場、秋山浜キャンプ場です。
ここを拠点にして会津周辺を色々見て回る事にしました。

猪苗代湖の湖畔にはキャンプ場が多く、無料キャンプ場も沢山あります。
予約もいらないので好きな時に来て泊まれるのは本当に助かります。

秋山浜キャンプ場

夜明け。初日は到着したのが夜だったので周りの様子が分かりませんでした。

人はあまりいなかったので、ぼっちキャンパーにとっては理想的な環境でした。

水は土手まで来る恐れがあります。天気の悪い日は松林にテント張った方が無難。

あえて街灯の下にテント張りました。明るいので夜でも作業しやすく助かりました。

朝食準備中。お湯が湧くのを待つ間、キャンプ場内を散策してみる事に…。

松林の中を道が一本通っていて両脇がテントサイトになってます。かなり広い。

この道は通り抜けられます。湖を周遊する道路の一部らしい。(時々バイクが通る。)

ほどよい木陰。日中は汗ばむくらい暑くなりましたが、松林の中は涼しく居心地が良い。

松林の向こうには猪苗代湖が広がってます。砂浜もテントサイトになってます。

ここはよく強風が吹くらしいのですが、松林の中なら少しは風が和らぐかも。

川に阻まれて行けませんでしたが、隣にもキャンプ場みたいな敷地が広がってました。

設備

駐車場。キャンプ場内はバイク乗り入れ禁止なので、ここに止めるしかありません。

夜は他にもバイクがいたのに朝5時にはいなくなってました。バイク乗りの朝は早い!

有料のキャンプ場並みに設備が整ってます。ここは手洗い場。壁には謎のステッカーが。

脱衣所。夏場のシーズンに使われるらしい。冬でも利用出来ると便利なのですが。

調理用のかまど。ここ屋根があるので雨が降ったら避難場所に出来そうです。

よく掃除されてて綺麗でしたが、この日は利用者なし。薪は持参するしかなさそう。

簡易水洗トイレ。隣の青松ヶ浜キャンプ場のトイレはウォシュレット付きらしい。

猪苗代湖

福島県の真ん中にある大きな湖。キャンプ場や湖水浴場が点在、遊覧船も走ってます。

山の中なのに九十九里浜のような砂浜が広がってます。どうやって出来たんでしょう?

見た感じでは割と遠浅の湖で、100mくらい沖まで歩いていけそうな感じでした。

海のように満ち引きはありませんが、雨などの影響で水位の変化はあるらしい。

日が昇るにつれて沖の方から湖の青さが増していきます。なんだか神秘的。

そのまま飲めそうなほど水が綺麗。さすが湖水浴場です。やはり印旛沼とは違う。(^^;

本当に綺麗な湖です。日光の中禅寺湖も綺麗でしたが、それを上回ります。

テントを片付けて出発。もっと荷物を減らさないと後片付けが大変。(4時間もかかった)

猪苗代湖 長浜公園

キャンプ場を出て猪苗代湖長浜公園へ。この辺りが湖で一番賑わってます。

遊覧船乗り場なので観光客が大勢います。まるで海のような雰囲気。水鳥も渚で休んでました。

滑稽な姿をした遊覧船が走ってます。目に黄疸出ててちょっと怖いかも。(^^;

この後、磐梯山の麓を抜けて浄土平のある吾妻小富士へ。ここから意外と遠かった。

感想

ここは目の前が猪苗代湖なのでロケーションは最高です。
残念なのはバイクの乗り入れが出来ない事くらいでしょうか。

個人的には無料で利用出来て予約も必要ない点が最高に気に入りました。
バイクだと予定通りに着くか分からないので手続き不要なのは助かります。

新潟や青森方面へ行く際にも、ここはいい中継基地になりそうです。

設備は有料キャンプ場並みに整っており必要なものはすべて揃ってます。
少々離れてますがコンビニもあるので食料の調達には困りません。

この後は磐梯山をかすめて少し離れた場所にある吾妻小富士へ向かいます。