車載カメラで夜撮りするための設定(GoPro)

Gx010111 Moment 2
スポンサーリンク

夜撮りのブレ解決

GoProの課題は一通り解決したと思ってましたが、まだ残ってました。
夜中に車載マウントで走行動画を撮ると映像がブレまくる問題です(汗)

結論から申し上げますとシャッター速度を1/100秒に固定する事で解決しました。
オートのままだとシャッター速度が下がりすぎて映像がブレるようです。

ドラレコなら何もしなくても撮れますが、車載専用カメラだからでしょう。
夜はシャッター速度が下がりすぎないように工夫してるんでしょうね。

GoProはシャッター速度をオートに設定するとフレームレートに合わせるらしい。
50fpsならSSは1/50ですが、これでは昼間でもトンネルに入ったりするとブレます。

一般的な夜景撮影

ネットで目にする夜撮りの解説記事は三脚や手持ちで夜空や風景を撮る場合が多いです。
バイクでもヘルメットマウントなら、この撮り方でも撮れるかもしれませんが……。

通常、夜景撮影ではノイズを抑えるためにISO感度を下げ、シャッター速度も落とします。
長時間露光で弱い光を捉えるわけですが、車載カメラだと振動を拾って映像がブレます。

シャッター速度が1/100秒より遅くなると信号機がダブって見えるほど映像がブレます。

Gx020086 Moment 2

車載カメラの場合

下の記事はバイクで夜撮りするための解説ですが、これが一番分かりやすく役に立ちました。
車載マウントではないようですが、同じ設定で試したら私のカメラもブレが消えました。

たとえ機種が異なっても、夜撮りの場合はだいたい同じような結果になるようです。
設定こそが重要で、正しく設定しないと最新機種でも意図した通りに撮れません。

夜撮りの設定

記事を参考にGoPro HERO8を、以下のように設定しました。
アンチフリッカー(50Hz)使用、低光機能はオフ、HyperSmoothはブーストです。

GoPro HERO8の設定(括弧内は夜の設定)

FPS: 50fps (25fps)
SS: オート (1/100)
ISO: 1600 (3200)

フレームレートは落とした方が光を多く取り込めるので有利です。

シャッター速度は1/200秒だと画面が暗くなるので1/100秒が無難です。
ISO感度は3200だとノイズが乗りますが、1600にすると真っ暗に。

画面のブレ抑制のためには画質は妥協するしかなさそうです。

結果

昼撮りの設定(1080P|50fps|SSオート|ISO1600)のまま撮ると明け方でも映像がブレます。

Gx020086 Moment 1
Gx020086 Moment 3

夜撮りの設定(1080P|25fps|SS1/100|ISO3200)にすると、とりあえずブレは収まりました。

Gx010111 Moment 1
Gx010111 Moment 2

明け方や夕方は薄暗いので、夜撮りの設定で撮った方が安定してます。
しかし昼間にSS1/100にすると映像が白飛びしてしまいます(汗)

感想

たまに振動で映像がブレる事がありますが、以前よりはまともになりました。
ノイズが乗ってもブレが酷くて見ていられないなんて事はないです。

GoProは暗所に弱いので最新機種でも夜はジンバルを使わないと難しいようです。
ジンバル不要が売り文句のHyperSmoothでも夜間の撮影では必要なんですね。

夜でも明るい都会ならともかく田舎で撮れるのは漆黒の闇ばかりです(汗)
こんな映像を撮っても意味ないので、これ以上深く考えるのはやめました。

Gx020111 Moment 2

補足

色々試しておいてアレなんですが……。

映像のブレはGoProのマウント方法を見直すことで、ほぼ改善しました。
振動を増幅するアーム類を使わなければ夜でも映像はブレません。

しかしモーションブラーの影響が残るので、夜はSS1/100の方が安定します。
昼間はSSをオートに設定しないと映像が白飛びしてしまいます。