ブレーキパッド交換(2回目)

Img 0160
スポンサーリンク

点検したばかりですが

ブレーキの効きが甘くなってきたのでフロントのブレーキパッドを交換しました。

先日点検した時はまだ溝がありましたが、今回確認したら溝が一部消えてました。
まだ走れそうな感じだったのに、たった一ヶ月で限界に達したようです。

お疲れ様でした。( ̄^ ̄)ゞ

Img 0114
8,000km走行後のデイトナ製赤パッド。

整備記録を遡ってみるとブレーキパッドを交換してから二年半経ってます。
5,000kmくらいで駄目になると思ってましたが、8,000km走れたので十分満足です。

ちなみに純正品のブレーキパッドは寿命が長く、数万kmは普通に走れるようです。
20,000km走行後に取り外してみたら、まだ半分くらいしか減ってませんでした。

Img 2313
20,000km走行後の純正ブレーキパッド。

再利用するつもりで保管しておいたのに間違って捨てちゃったのか見当たらず(ヤバ..
このままではピストバイクになってしまうので急遽Amazonでブレーキパッドを注文。

一時間もあれば終わる作業なのにパッドが届くまでこの状態で放置。(^_^;

Img 0135

品定めする時間がなかったので前回と同じデイトナ製赤パッドを注文。
写真では\4,400となってますが、\2,882で買えました。

いつも配達は午後なのに、今回は翌朝に届いたので助かりました。

Img 0127

せっかくなので他にも気になったブレーキパッドを紹介したいと思います。
中には千円で買えるものもあったので型が合えば使ってみたかったです。

ブレーキパッド互換品

AHL製

激安メーカーとして知られるAHL製なら、なんと\1,000で買えるようです。
デイトナ製の三分の一ですが、残念ながらVersys-Xに適合する製品はありませんでした。

トクトヨ製

AHL製より若干高いもののデイトナ製の半額で買えるトクトヨ製ブレーキパッド。
日本のメーカーかと思ったら中国企業のようで公式サイトもありました。

デイトナ製

こちらは昔から使ってるデイトナ製赤パッドで、結局またこれにしました。
純正パッドより寿命が短いもののブレーキの効きは申し分ありません。

キタコ製

デイトナと双璧をなすキタコからもVersys-X用のブレーキパッドが出てました。
価格はデイトナ製と同程度ですが、割引率がいいので、これにすればよかったです。

純正品(部品番号 43082-0173)

純正品なのにデイトナ製より安く、効きはマイルドですが、数万kmは普通に持ちます。
寿命の長さを考えると非常にお得なので、次は純正に戻すかもしれません。

その他

他にも、COZMAXADNUPといった謎ブランドがありましたが、価格はチト高めです。

AHLやトクトヨもそうですが、よく分からんブランドは中国企業みたいですね。
価格からして大丈夫なんか?と思いましたが、評価は悪くないようです。

中華製というと一昔前なら粗悪品というイメージでしたが、今はそうでもないみたい。
アメリカが脅威を感じて制裁をかけるくらいですから品質は問題ないかと。(^^;

せっかくなのでリスト作りました。→[Versys-X ブレーキパッド適合表

交換作業

全体をパーツクリーナーで洗浄。ピストンはCRC5-56で磨き、シリコングリースを塗って揉み出し。

Img 0138

いつもこのパッドスプリングの組み方を忘れて苦労するのでメモ代わりに写真で残しておきます(汗)

Img 0156

穴の開いたキャリパーブーツも交換。しかし調べてみると異常なし。見間違いだったのでしょうか?

Img 0125

新しいパッド。価格=性能とは限らないけど、ブレーキパッドはケチらない方がいいと思います。(^^;

Img 0131

キャリパーホルダのスライドピンにシリコングリースを塗布。滑らかに動くようになりました。

Img 0160

作業完了。スライドピンの動きが悪かったので、年に一度はキャリパーの分解整備が必要かも。

Img 0172

気になった点

もしかしたらパッドスプリングは意外と曲者かもしれません。

このパッドスプリングがブレーキパッドを押さえつけてガタつきをなくしてます。
しかし組み付け方によっては引っ掛かりが生じて動きが悪くなる事があります。

以前、気になったブレーキング時のコツン!という異音は、これが原因かもしれません。

スライドピンの固着などがなければ、このパッドスプリングが怪しいと疑ってます。
パッドスプリングを指で押して戻りが悪かったら組み直した方がいいかもしれません。

ちなみにキャリパー周りはマニュアルの指示に従いシリコングリースを使用してます。
万能グリースより水に強いので二年半が経過してもグリースは流れず留まってました。

ピストンの状態も良好でピストンリングの交換はまだまだ先で大丈夫みたいです。
40,000~50,000kmくらい走ったらキャリパーのオーバーホールを考えます。

慣らし運転

ブレーキパッド交換後に慣らしのため三里塚まで走ってきました。
最初から十分馴染んでいて慣らし運転など必要ありませんでしたが。(^^;

同じメーカーのパッドですが、やはり新しいパッドは効きがいいです。
単によく止まるだけでなく、しっとりとした高級感のあるタッチです。

Img 0191
Img 0206

今回はコツンコツンと音がする事もありませんし安定してます。
やはりパッドスプリングに気をつけながら組み上げたせいもあるかと。

ブレーキの引き摺りや片減りなどもパッドスプリングが関係してるようです。
こいつが悪さしてスライドピンの動きが悪くなってる場合があるとか。

イマイチ調子が悪くて困ってる人は参考にしてみて下さい。