ボヤ騒ぎで穴の開いたテント修理

スポンサーリンク

修理に挑戦

以前ボヤ騒ぎを起こして大穴があいたテントを修理しました。最近修理ネタばかりですみません。(^_^;

ホムセンで5000円しないテントなので買い替えても良かったのですけどね~。
でもバトルダメージは戦歴を示す印となるので修理しながら使い続けようかと。

くろみん
くろみん

それなりに長く使ってるので愛着もあります。

スポンサーリンク

使用したもの

修理にはテント修理用の補修テープを使いました。
このテープは防水処理が施されてるので濡れても浸水しません。

でも厚みがあるのでゴワゴワしてテントを畳みにくくなりました。
しかし極めて粘着力の強いテープなので簡単には剥がれないでしょう。

スポンサーリンク

損傷具合

一番重要な底部の防水区画に大穴が……。テントの底がこれでは雨が降ると浸水は不可避。

内側から見ると大きさが分かります。キャンプ中この穴から野良猫が飛び込んできた事も。(^^;

ガムテープがあれば応急修理出来ましたが、重いので持ち歩くのをやめた途端このザマです(汗)

スポンサーリンク

テープで補修

溶けてめくれあがった部分を切除してテント用の補修テープで穴を塞ぎました。

裏側からも同じようにテープを貼り付けて補修箇所の強度と防水性を高めます。

思ってたより綺麗に修理出来ました。色を合わせたので修理痕が目立ちません。

スポンサーリンク

テント火災について

テントの火事はあまり話題になりませんが、珍しい事ではないようです。
バーナーやストーブでテント焼いちゃったり、焚き火が燃え移ったり。

テントごとセルフ火葬されてしまう事案も起きてるようです。((((;゚Д゚))))

基本的にテントの中は火気厳禁。くれぐれも火事には御用心下さい。
一度テントに火がつくと、たちまち燃え上がり逃げる隙はありません。

私はボヤ騒ぎを経験してからテントの中で火を使うのは一切やめました。

くろみん
くろみん

自分にとってはいい教訓になりました。

error: Content is protected !!