NAPS千葉北インター店、タイヤ売り場

スポンサーリンク

すでに交換済みですが…

先日NAPSに買い物に行った際にタイヤコーナーを覗いてきました。
残念ながらVersys-Xに適合するタイヤはあまりありませんでした。

タイヤの価格はネットとあまり変わらず。
工賃はかかりますが、これなら店で交換してもよかったかも。

自分で交換する苦労を考えると破格の安さに見えます。
でも”\5,000~”なので交換に手間のかかるチューブタイヤはもう少しかかるかも。

Versys-Xに適合するタイヤは各メーカーから色々出ています。

しかし中にはチューブレスタイヤ用もあるので注意が必要です。
チューブ/チューブレス兼用もあればホイールのチューブレス化が必要な物もあります。

ちなみにVersys-Xに適合するタイヤは下のサイトに出ています。

タイヤ物色

純正採用のGP-210もありましたが、フロント用のタイヤはありませんでした。

Versys-X用のサイズが一本だけ手前に出てました。Versys乗りが漁ったのでしょうか。

このようなセット販売で買えれば少しは安くなりそうですが、残念ながらありません。

MICHELIN ANAKEE 3 マルチパーパス用で評判もいいらしい。サイズも揃ってました。

MICHELIN ANAKEE WILD こちらはオフ志向強めのブロックタイヤです。

DUNLOPとBRIDGESTONEは数こそあれど、Versys-Xに合うサイズは見つからず。

SHINKO、METZELER、PIRELLIは見当たりませんでした。見落としただけかも。

結局、何がいいのか?

ブロックタイヤは面白そうですが接地面が少ないため舗装路では滑りやすいとか。
砂地や泥道は無敵かと思いきやブロックタイヤでも転ぶ時は転ぶようです。

やはりマルチパーパスにはマルチパーパス用のタイヤが合ってるんでしょうか。
色々試したけど結局純正(GP-210)が一番バランスがいいという人もいました。

ツアラーのメリットを活かすなら転がり抵抗の少ないGP-210は確かに理想的。
他のメーカーのタイヤと比べても寿命が長く、12,000kmくらいはもつそうです。

ホントか分かりませんが、中には5,000kmしかもたない物もあるそうです(汗)
オフ用タイヤなどはすぐにブロックが削れますからね。