ダートでタイヤの皮剥き(印旛沼)

スポンサーリンク

なんか変(汗)

タイヤを交換して再就役を果たしたVersys-X
気分はもう新車♡

しかし走り出してみると前輪からゴムを引きずるような怪しい音が…(汗)

最初は吸気音を疑いましたが、スロットル絞っても鳴るので違うようです。
軸受を調べても過熱や振動などの異常はまったく見られません。

音が出るのは時速40km前後の時だけです。
速度を上げると音はしなくなります。

なぜそこだけ……。
音速の壁かと。(^^;

そういえば新車の頃もタイヤから異音がして気になった覚えがあります。
もしやロードノイズかと思い調べてみたら次のような記事が見つかりました。

音色といい速度域といい私の場合とそっくりではありませんか。(^^;;;;

あくまでも通常走行してる最中(法定速度内)ハンドル下から「コーーー」と音が聞こえます。(表現難しいのですが文字にした場合) 何かが軽く擦れるような感じです。
(中略)
わかりやすいのは、20~40kmの速度でクラッチ握り、惰性走行すると擦れるような「コーーーー」と聞こえる状況です。

フロント周りからの音について質問

よく似た症状ですが、これがロードノイズなのでしょうか?
異音は気になりますが、走行は問題ないのでしばらく様子を見てみます。

タイヤ交換後、タイヤ慣らしを兼ねて印旛沼の方を走ってきました。

荒れた道を走れば早く皮が剥けるのではないかと思い砂利道ばかり走行。
実際、表面のワックスはすぐにとれて、なかなか効果ありましたよ。

鹿島干拓

タイヤの皮むきのために印旛沼周辺の砂利道をてろてろ走ってきました。

タイヤのヒゲは落ちてません。慣らしには100~200km走る必要があるみたいです。

まだ怖くてバイク倒せませんが、この感じなら十分グリップは効きそうです。

飯野干拓

再び別の砂利道へ。納車当時ここでコケそうになって引き返した覚えがあります。

農道ダートです。気まぐれでやって来ましたが、いい遊び場所を見つけました。

金谷の林道とは比べ物になりませんが、距離の割にはそこそこ楽しめます。

土浮干拓

横道に入って土浮干拓に出てみました。沼に沿うように新しい道路を作ってました。

未舗装の広場もありました。道路が完成するまでの間ここで遊べそうです。

以前行った瀬戸干拓と同様に人がいないので、デイキャンプくらいは出来そうです。

尚子コース

先程の農道に戻ります。いささかショボい猿田彦神社。この辺りで農道ダートは終わり。

高橋尚子のトレーニングコース。こんな街灯もない人っけのない場所を走ってたなんて。

道端にスズメバチの巣が捨てられてたりして、なにげに危険なコースです。(^^;

感想

こんな調子で農道ダートを走ってみましたが、やはり新しいタイヤは接地感が違います。

未舗装路での食いつきが格段と良くなり、これなら安心して林道へも入っていけます。
でもタイヤのビードとホイールが馴染むまでは無茶しない方がいいそうです。

あと気になるのは……ロードノイズですね。
心配なのはそこだけです。