E-M5 Mark2、デビュー戦

Img 4993
スポンサーリンク

初陣

新しいカメラ、E-M5 Mark2を持ってバイクで散歩に出掛けてみました。
マイクロフォーサーズの画質はどんなものか確認してみようかと。

それにしてもやはり防塵防滴だと扱いが楽でいいですね。
水や埃を気にする必要がないので初戦からぞんざいに扱ってます。

散歩中はカメラにカバーはせず首からぶら下げた状態で走りました。
バッグから取り出す必要もなく撮りたい時に撮れるので助かります。

カメラテスト

どうでもいい東金の田舎道で記念すべき一枚目を……。(^_^;

いきなりレンズキャップを紛失しそうに。保護フィルター付けてればレンズキャップは不要かも。

Img 4969

遠くに鳥避けグッズを見つけて撮影。150mm(35mm判換算で300mm)あるとかなり寄れます。

50mしかないダートに突入。この程度ならカメラを身体に下げたままでも不安なく入れます。

裸のまま持ち歩いてるので、ちょっと撮りたいと思ったら、すぐに写せるのは本当に便利です。

カメラをバッグから取り出す必要がないので、バイクから降りてすぐに撮影出来ます。

無名の神社ですが怖くて中に入れませんでした。この参道どこまで続いてるのやら。

長柄ダム周辺の道。ちょっと路肩に寄せて跨ったまま写真を撮れるのがバイクのいいところ。

マッ缶公園には艦砲を搭載したバイクが。湖で背取りの監視でもしてるんでしょうか。(^^;

裸だと傷が付きますが、それも味わいとなるので戦場カメラマソになったつもりで使い倒します。

Img 4993

ボウボウラーメン

せっかくなので長柄のボウボウラーメンに立ち寄って食事。店内の写真はスマホ撮影です(笑)

初めてセットメニューを頼んでしまいました。食べ過ぎてこのあと動くのが辛くなりました。

スタンプカードに続いて今度は無料券を配ってました。会社がアレなので努力してますね。

絞れば手前から奥までクッキリ。やり過ぎると回折現象で画質が落ちます。ちなみにこれはF16

これはF11ですが十分パンフォーカスで撮れてます。この程度までにしておいた方が無難です。

帰りに夜景も試しましたが、手持ちで普通に撮っただけでもブレずに綺麗に写せましたよ。

感想

使用感

E-M5 Mark2はマイクロフォーサーズですが、APS-Cと画質の差は感じません。
でも発色は天候に左右されるようで、明るければ発色はいいけど曇りは苦手っぽい。

それからE-M5 Mark2には水平儀が付いてるので撮影が楽になりました。
写真の水平垂直がしっかり出ていないと気になってしまうので。

ズームは150mm(35mm判換算で300mm)あってよかったです。
何か見つけた時にズームで寄れると分かりやすい写真が撮れます。

メリット・デメリット

残念なのはフルフェイスのヘルメットだとファインダーを覗けない事。
カメラがヘルメットに当たってしまうのですが、これは想定外でした。

仕方ないのでツーリング中はモニターを見ながら撮影します。

そしてやはり最大のメリットは防塵防滴です。
バイクだと雨にも遭遇しますから、それでも撮影を続けられるのは強み。

ツーリング用途では防塵防滴は欠かせないと思いました。

費用対効果

正直、小型の高級コンデジの方が持ち歩きが楽なので悩みました。
防塵防滴の高級コンデジがあったら、そっちを買ったかもしれません。

しかし……皆さんはコンデジに6万円も払えますか…?(^_^;

高級とはいえコンデジ、1インチセンサーの画質はスマホと大差ないと聞いてます。
同じお金を払うならミラーレス一眼の方が後々潰しが効くのではないかと思いました。

バイクもカメラもスペックに囚われると選択を誤りますが、これは正解と思いたいです。