日在海岸、和泉浦~太東岬(いすみ)

スポンサーリンク

場所

夷隅川の河口、日在ひあり海岸の周辺をウロウロしてきました。
地図にあるように特徴的な地形をした5kmくらい続く海岸です。

しかしここはウミガメの保護区なので簡単には浜辺に出られません。
バイクで近寄れるのは海岸の両端にある和泉浦と大原海水浴場だけです。

和泉浦

日在海岸の北端に位置します。ここから南の大原海水浴場まで浜辺が続いてます。

視界を遮る土手もなく駐車場から浜辺を見渡せます。近くにトイレもあります。

周辺の道路は狭いので入ってくるのが意外と大変。そのせいか休日でも人出はこの程度。

九十九里辺りは寒いけど、ここまで来るとポカポカ陽気。冬でもメッシュジャケットでOK

ここは遊泳禁止。海水浴場ではないので裸族はいません。サーファーの姿もなく静かな所です。

海岸でBBQやってる家族もいました。遠くに見える灯台は以前行った太東埼灯台です。

一応、今は冬なんですが、ここにいると季節感が狂ってしまいます(笑)

海は青く澄んでて千葉とは思えないほど綺麗。釣りしてる人もチラホラいました。

日在海岸

バイクで浜に出られる場所はありませんでした。海に近付くと人んちの敷地だったりして。

どこもこんな感じで駐車場もない。意外と人通りが多いので路駐も出来ません。

昔ここには孫文を支援した梅屋庄吉の別荘があったとか。確かに別荘地っぽい雰囲気が残る。

一帯は私有地で占められてるので容易に近寄れません。海ではレジャーも禁止されてます。

大原海水浴場

大原漁港。この辺りで日在海岸は終わってます。浜辺に出るのは諦めました。

漁港近くの大原海水浴場。内陸は無風だったのに浜辺では強風が吹いてました。

駐車場、トイレ、シャワー完備。トイレに行きたかったけど風が強くてバイクから離れられず。

大東海浜植物群落

夷隅川を挟んだ和泉浦の対岸にあります。近くだったので帰り掛けに寄ってみました。

ここにはハマヒルガオなどの群落があります。保護地になってますが冬なので何もなし

台風が来るたび波に洗われるのでしょう。護岸はボロボロ。ガードレールは破壊されてました。

写真では分かりにくいけど高い波が押し寄せてます。時化の時に近付いたら波に攫われるかも。

ここから太東岬まで続く遊歩道が海沿いに伸びてます。ブロックで塞がれてバイクは通れません。

この遊歩道を歩いてる人がいましたが、気をつけないと波に攫われるかもしれませんよ。

太東岬

遊歩道を迂回して岬まで来ました。前の山が岬の先端。遊歩道はここで行き止まり

こちらの海はもっと荒れてます。天候が悪い時は近付かない方がよさそうです。

さっき人が歩いてた海沿いの遊歩道。太東海浜植物群落のあった海岸に続いてます。

感想

日在海岸は浜沿いに自転車道が走ってるのでチャリダーにオススメ。
和泉浦から大原海水浴場まで海を眺めながら走れるそうです。

同じ外房でも、ここは九十九里浜に比べると冬でも暖かいです。
南房総まで行くのが面倒な時は、ここで手軽に南総気分を味わえます。