ポジションランプ、色付きは御法度

スポンサーリンク

道路運送車両法による制限

灯火類は一通りLED化しましたが、ポジションランプは電球のままです。
これもLEDに、せっかくなら綺麗な色付きのLEDに換えたいと思いました。

しかし調べてみたら、やはり道路運送車両法による制限があるらしい。
基本的に白のみ(青っぽい白や黄色っぽい白も含む)だそうです。

ポジションランプの色については、基本的には白色ですが例外もあり、ウィンカー(方向指示器)、ハザードランプ(非常点滅表示灯)またはサイドマーカー(側方灯)と構造上一体となっているものに関しては橙色でも可能です。

LEDは青色が多いので、ついバイクのポジションランプにも青色を使いたくなりますが、車検には通らないと考えるのが無難です。その他、赤色や緑色などもやはり違法と判断される可能性が高いので、定められた色を選択しましょう。

バイクのポジションランプとは?車検に通る色や基準、交換方法を解説

Versys-Xは250ccなので車検は必要ありません。
しかし、かといって問題ないというわけではないので……。

違法だったんかい!

緑や紫のポジションランプは綺麗ですが、あれは違法なんですね(汗)

商品説明にも「ポジション球にこの色はご利用いただけません」とあります。
白と電球色には注意書きがないので、それは前述の通り大丈夫なようです。

念のために交換前に調べてみてよかったです。

もし交換した後で駄目だと分かったら膝から崩れ落ちましたよ(笑)
Versys-Xのポジションランプはフロントをバラバラにしないと交換出来ないので。

やる気が失せたのでポジションランプの交換はもう少し先にします。(^_^;