ツーリングがつまらなかった時の対処法

スポンサーリンク

欲求不満は飯で解消

実は昔、盆暮れに有明でやってる某イベントに参加してた事があります。
結果が思わしくなくても、帰りに友人とラーメンでも食べれば充実感を味わえました。

人間なんていい加減なもので、悲しい時でさえ腹が満たされれば心も満たされます

食欲というのは睡眠欲や性欲(あるいは排泄欲)と並んで生物の本能的な欲求です。
結局、ヒトの満足感は原始的欲求に左右されてるだけなんじゃないかと……。

この現象をあえて意図的に利用してみると面白い事になります。

それでもあえて食す

せっかく出てきたのに退屈なツーリングでボヤきたくなる事が時々あります。

そんな時は御当地ソフトクリームでも食べてみるといいかもしれません。
食欲で心を満たす事でツーリングが充実してるかのように錯覚させるのです。

ソフトクリームが800円なんて、どんだけボッタクリだよ!

…などと今までは思ってましたが、私も考えを改めました。(^^;
観光地価格でも、それでツーリングが充実するのなら価値はあると思います。

みんな普通にやってる?

思えばツーリングなのに飯が目的になってるバイク乗りって多いですよね。

そもそも目的地が飯屋だったり、ツーレポには必ず飯の写真が添えられてたり。
バイクも観光もどうでもよくて、とにかく飯、飯、飯! みたいな……。

これってよく考えると私が話したのと同じ事を無意識にやってるんでしょうか?
飯さえ旨けりゃツーリング中の細かい不満など吹き飛んでしまいますからね。

「すごい発見だわ―」と思って記事書いたのに、そんな事だったらガッカリ~(笑)
自分が知らなかっただけだとしたら間抜けすぎて言葉もありません。orz

この世はすべてネタ

道の駅の食堂などで「飯がマズい!」と吠えてるオジサンを時々見掛けます。
飯がマズくて心が満たされなければ、それをネタ化してみてはいかがでしょうか。

ネタ化とは?

悲惨な事、不幸な事など、あらゆる災難を笑いのネタに変えて楽しもうとする行為。
悲劇も限界を越えると笑いが込み上げてくる様を、意図的に起こすような感じ

むしろこれで話のネタが出来たと考えるだけでも心が鎮まり前向きになれます。
周りの人もリア充自慢より面白いトラブル話を期待してるかもしれません。

クソみたいなツーリングだったけど面白かったよ!(満面の笑みで)

…などと言えるようになったらステージが一つ上がります。(^^;

そしてマゾの極みへ

今回の話と似たような事を、某みうらじゅん先生も何かのTV番組で話してました。
理不尽な事でもゲームだと思って楽しんでしまえば自分の勝ち …みたいな。

メイドみたいな格好させられて駅前を歩かされても、そこで怯んだら負け。
「よっしゃ!」とばかりに仕事だと割り切って開き直ってしまえば怖いもんなし。

どんだけポジティブ思考なんだよ」と職場の人には呆れられましたが。(^^;

でも物の考え方一つで悲劇的状況を喜劇に変えられる可能性があります。
嫌な事、困った事を乗り切る策の一つとして覚えておいて損はないと思います。