砂利道ダート、佐原~波崎(利根川)

スポンサーリンク

場所

今回は佐原から茨城側に渡り利根川沿いに波崎まで走りました。

ここは河口の波崎まで川沿いに砂利道のフラットダートが続いてます。
工事中の箇所がありましたが迂回しながら進み波崎まで行きました。

ちなみに堤防の内側は国交省の管理下にあるため車両乗り入れ禁止です。
しかし今回の砂利道は堤防の外側にあるため一切規制はありません。

くろみん
くろみん

ルートが一部外れてますが、Googleマップの制約?で道路を指定出来ないだけです。

横利根閘門ふれあい公園~

佐原の対岸にある公園。水郷大橋の先です。ここを今回のスタート地点としました。

船着き場もある静かな場所です。公園内の水路には古い閘門があるそうです。

この辺りはまだ堤防に沿って舗装路が伸びるだけ。脇には農道が走ってます。

河川敷へは降りられないので、堤防外側の田んぼ道を走ってみたり。

道路脇には廃屋が目立ちます。洪水被害に遭った訳ではないと思いますが。

田んぼ道は草を刈ったばかりで滑りまくり。走り出して10秒で後悔しました。(^_^;

サーキットの狼ミュージアム~

土日祝日だけ開いてるらしい。スーパーカーが展示されてるとか。砂利道はこの裏から続いています。

住宅地を抜けるといきなり川に出ます。地元の子供にヤエーされました。(慣れてる?)

堤防は高くありませんが道から川面は見えません。堤防の上はサイクリング道路になってます。

ここから利根川河口の波崎まで、ず~っとこんな感じの砂利道が続きます。

河川敷は千葉県側ほど広くないです。でも岸辺に出やすいので釣りにはよさそう。

水門と船着き場が所々あって、そこで釣りしてる人の姿を何度も見掛けました。

道路は荒れてる箇所もあり。水溜りもありますが意外と深かったりしてビビる。

ボートも沢山見掛けましたが、まさか洪水の時はこれに乗って逃げるつもりでは……。

横を流れる川は実は常陸利根川で、利根川は中洲を挟んだ向こう側を流れてます。

常陸川水門~

常陸川水門。テムズバリアみたいですが海はまだまだ先だったりします。

休みたくても日陰はないし、民家があるのでここで野飯する訳にもいかず。

水門から先は堤防工事のため一部通行止め。なんとかそこを迂回しながら進みました。

これよりもっと狭い道もありました。オフ車なら躊躇なく入って行けるんですけど。

遠くには銚子の風力タービンが見えます。昼食も摂らずにここまで来ました。

利根公園手前の広場。だいたいこの辺りで砂利道は終了です。かなり長かった。

水溜りにも突っ込んだので派手に汚れました。後で洗車するのが大変でした。

海が近いせいか路地はカニだらけ。これは小さい方、この三倍くらいあります。

利根公園。ただの児童公園でバイク乗りが休めるような場所ではありませんでした。

波崎漁港

波崎漁港。対岸の銚子漁港と違って周辺に食堂などはありません。

銚子大橋。有料道路かと思ったら無料でした。帰りはこれを渡って千葉県側へ。

小さな展望台。下はトイレになってます。元は渡し船の発着所だったらしい。

先端まで走ると波崎港に。野良キャン出来そうでしたがDQNの気配を感じました。

ここにも銚子と同様に風力タービンが。人もいないのでこの裏側で休憩する事に。

頭上は恐ろしい事になってますが、ここで焼きそば作って食べました。(^_^;

動画

せっかくなので頭上で回転する風力タービンの動画です。
ギロチンみたいな羽が頭の上でブンブン回ってて怖かったです。

波崎新港の風力発電機(茨城)

感想

銚子へは何度も行ってますが、対岸の波崎は初めてです。
茨城側から銚子の風景を眺めてみるのも普段と違って面白いです。

川沿いのダートは工事中で走れない箇所があったのは残念でした。
でも砂利道だけで20km以上も距離があるので満足度は非常に高いです。

千葉県側と違い茨城県側の河川敷は規制が少なく自由に走れるダートが多いです。
今回は走りませんでしたがゴルフ場のある利根川の中洲部分も面白そうです。