即席ツールでホイールバランスを調整

スポンサーリンク

諦めの悪い人

「まだタイヤ弄ってるの~?」なんて言われそうですが……。
どうしても異音や振動が気になるのでホイールバランスを調整してみました。

結果から申し上げますとホイールバランスの調整で問題は解決しました。
ロードノイズは残りましたが、引きずるような重さや振動はなくなりました。

バランス調整は手元にあるものを利用して行いました。
上手くいったので費用を節約したい方は参考にして下さい。(^^;

即席バランサー

費用を抑えるためホイールバランサーは購入せず、手元にあるブロックで代用しました。

軸はアクスルシャフトを利用します。黒い筋が残ってました。変な負荷が掛かってるのかな。

途中で引っ掛かる場合はプラスチックハンマーで軽く叩き続けてやるとよく回ります。

車輪の一番重い点はバルブの近くでした。反対側の一番軽い点にテープで目印を。

一番軽い点に50円玉(一個4g)を貼り付けて偏りを調査。玉5つで釣り合いました。

重さが分かったのでバランスウェイト(一個10g)を2個スポークに装着しました。

実際の動きはこんな感じ。ハブベアリングは滑らかなので、この状態でも滑らかに回ります。

[VERSYS-X]ホイールバランスのチェック

バランスウェイト

使用したバランスウェイトはスポーク用、一般的な板状の物よりスマートに装着出来ます。
一袋に10個も入ってるので走行中に外れてなくなったら、また装着します。

感想

試しに走ってみたら車輪が滑らかに転がるようになった感じがします。
回転する前輪の勢いに引っ張られて、どんどん前に吸い寄せられる感じ。

これだけ安定すれば高速道路も安心して走れます。
直ってよかった♪

それにしても僅か20gの偏りで問題を起こすとは思いませんでした。
でも計算すると100km/hでは遠心力により2kg以上(!)もの重さになります。

通常、小排気量のバイクはホイールバランスの調整は必要ないそうです。
しかし前輪はハンドリングに影響するので気になるなら調整してみるといいです。